• ホーム
  • リレンザは小児も大人も使えるインフルエンザ治療薬

リレンザは小児も大人も使えるインフルエンザ治療薬

マスクをかける子ども

インフルエンザは冬に流行する感染症で、A型の方がB型よりも重症化しやすい傾向にあります。
インフルエンザA型やB型に効果があるのが、リレンザやイナビル、タミフルといった抗インフルエンザ薬で、それぞれ年齢や体調によって処方される薬が異なります。
ですが、ウイルスの増殖を抑える、という働きは共通しており、服用することによって解熱する期間が短くなり、早くに体力が回復してきます。
リレンザは専用の吸入器に薬をセットし、吸入するタイプの薬です。
タミフルと異なり耐性を持ったウイルスも存在していないことから、使用されることが多いです。
また、異常行動を起こす確率も低いので、10代の子供にも処方されます。
リレンザは自分で吸入薬を持ち、吸入することが必要となるため、うまく吸入できる5歳以上の小児に処方されます。
大人も小児も同じ量のリレンザを服用するのが特徴のため、薬の量を間違えることも少なくなります。
また、インフルエンザウイルスは喉や鼻の粘膜で増殖していきますが、リレンザは喉に直接薬剤を吹きかけるので、効率よくウイルスに薬を届けることができます。
体内に吸収される量も少ないため、副作用もあまり出ません。リレンザを小児が使用する場合は、あらかじめ、練習しておくと良いでしょう。
薬をセットしない状態で、吸う練習を2回ほど行うと実際に吸入した時に失敗する確率が低くなります。
また、吸入する際はリラックスすることが大切です。息を止めたり、緊張したりするとうまく吸入できず、吸入しても吹き出してしまうこともあるので、ゆったりと座りながら吸うようにします。
なお、吹き出してしまった場合は、続けて吸入しないようにしましょう。必ず、時間をあけて吸入するようにします。