• ホーム
  • リレンザ服用時の小児特有の副作用などはあるのか

リレンザ服用時の小児特有の副作用などはあるのか

寒気がする女子

リレンザはインフルエンザ治療薬として広く処方されており、副作用として異常行動が発生するリスクがあると指摘されているタミフルが小児に処方されなくなってからはリレンザが活躍する機会も増えています。
ただタミフルで異常行動が引き起こされたわけですから、リレンザに関しても小児特有の副作用があるのではないかと心配する人は少なくありません。
ですがこれについて結論から言ってしまうと、少なくとも現段階まででリレンザに小児特有の副作用があるという報告はありません。
もちろん本当に小さなものであればいくつかの報告はあるでしょうが、リレンザは小児に対して処方したとしても副作用は少なく、インフルエンザを効果的に治療できるという結論が出されています。
一応薬自体が持つ副作用として報告されているもの、例えば下痢や頭痛、嘔吐といったような副作用は小児にも発生する恐れはありますが、いずれも致命的な副作用になることはほぼ無いために安心して使って良い薬だと言えます。
少々リレンザを小児に処方する際に注意が必要な点としては、吸入薬という特殊な形状の薬であるために使用しづらい子どもがいるという点でしょう。
特にタミフルの場合は小児でも飲みやすいドライシロップなどがあったのですが、リレンザは気道に付着させることでインフルエンザウイルスに対抗するという性質があることからドライシロップなどの形状にもなっていません。
加えて注意が必要なのがインフルエンザの性質で、かつて問題視された異常行動がインフルエンザの症状の一つであった可能性が高いということです。
特に小児の場合は大人と比べてもインフルエンザ脳症と呼ばれる重大な症状に繋がる恐れが大きいですから、リレンザを使用した後でも常に子どもの状態を見守り、異常な点があればすぐに病院に行けるようにしておきましょう。