• ホーム
  • 寒暖差アレルギーとリレンザ使用前に温度計確認

寒暖差アレルギーとリレンザ使用前に温度計確認

リレンザは抗ウィルス薬で、インフルエンザにかかった初期の頃に使用すると効果が高いとされています。
インフルエンザウィルスが体の中で増殖し、他の細胞に感染していくのを防止します。
増殖が防げるので、その後は免疫細胞の働きによって、ウィルスは数が減り、やがては消えてなくなります。
そのため、周りの人が感染する危険も少なくなります。
吸入薬であり、気道の粘膜からウィルスが拡散して行かないようにします。
インフルエンザの初期のような症状が出ても、検査キットで調べるまで、インフルエンザと断定することはできません。
もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。
寒暖差アレルギーとは、室内と屋外の気温差が激しいときに、くしゃみや鼻水が止まらなくなる症状です。
温度計を確認し、大きな温度差があった場合は、寒暖差アレルギーである可能性も考慮して対策しましょう。
温度差が原因ですので、アレルゲンはありません。
自律神経は急激な温度差に弱く、うまく働けなくなるために起こると考えられています。
軽い症状で済む場合もありますが、中には頭痛や咳といったインフルエンザを疑わせるような症状が出ることもあります。
しかし、熱が出ることはないので、それがインフルエンザと違うところです。
少し時間を置いてみて、高熱が出たらインフルエンザである可能性が極めて高いので、受診しましょう。
インフルエンザウィルスの有無を確かめ、感染していたらリレンザなどの抗ウィルス薬を使用することになります。
熱が平熱のままであった場合は、寒暖差アレルギーであるかもしれませんので、病院に行くとかえってインフルエンザに感染する可能性もあるわけであり、家で療養するということも考えられます。